隙間睡眠のすすめ

看護師の仕事をしている人は、家でぐっすり休んでいるときにも突然緊急の仕事が入ることもあります。「このまま仕事をして体力が持つだろうか?」と不安に感じることもあると思います。そんな時には空いた隙間時間を利用して、仮眠を取っていくことが重要です。
「一日中仕事に追われている」という方も多いと思いますが、忙しい方でも数分の休憩時間はあるはず。そんな時には、この時間を使って隙間睡眠をすることがおすすめです。看護師の方の場合には、夜勤勤務があるため、「昨日は、寝ることが出来なかった」という経験がある方も多いと思います。そんな時にも隙間睡眠を取ることが出来れば、仕事もなんとかこなすことができるでしょう。
実は私たちの体というのは14時頃に眠気のピークというものが訪れるといわれているそうです。ということは、この時間前に隙間睡眠を取ることができれば、効果的に疲れなどを取り除く効果を得られるということになります。「ほとんど寝ずに仕事をしている」という方も同じ時間帯に眠ることを習慣づけるだけで、体にリズムを作ることができ、疲労回復をすることが可能になります。睡眠というと、数時間の睡眠をイメージされる方が多いと思いますが、隙間睡眠の場合には15分程度でも効果を得られます。寝る時間がない方は、こういった休憩時間を上手に利用して体を休めていきましょう。
「睡眠時間が取れていない」と感じている方はぜひ空いた時間を利用して隙間睡眠を取っていきましょう。こういった隙間睡眠を取ることで、心身の状態を整えれば仕事効率も上げることが出来るはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です