睡眠不足からくる頭痛

毎日忙しく仕事をこなしている看護師。「仕事がはじまると、一日あっという間に終わってしまう」という声をよく耳にします。それだけ、看護師の仕事というのはいきつく暇のない業務なのです。常に緊張感と迅速さが求められる重要な役割です。忙しすぎる生活をしていると、体が疲れているにも関わらず「寝たいのに、眠れない」ということ人もいます。結果、身体のエネルギー不足でどこかしらに異常がでてくるようになります。
睡眠不足の代表的な弊害といえば頭痛ではないでしょうか。看護師の方は、仕事が終わってからも、「スキルアップのためにも、常に勉強をしければ」と思い、家で遅くまで勉強をしている方もいるでしょう。しかし、あまりにも体や頭が疲れてしまうと、「寝よう」と思った時、思ったように眠れないものです。疲れすぎていることで、眠れなくなってしまうと、悪循環によりどんどん体調を崩してしまいます。睡眠不足の状態となれば、頭痛がより強く出てしまうこともあります。この頭痛、仕事時にはとても辛いもの。鎮痛剤などを取り入れて、その場をしのぐことは出来ますが、こういった頭痛を引き起こさないためには、普段からしっかりと睡眠を取ることを心がけることが必要です。元気に仕事をするためには、睡眠で体や心を休めることは一番大切です。休めることが出来なければ、翌日の仕事にも影響が出てしまうので、疲れている時には身体を優先して勉強もほどほどにしましょう。
睡眠不足になりやすい看護師の方は慢性的な頭痛を引き起こしてしまっている方が多くいます。鎮痛剤を取り入れればその場は乗り切ることが出来ますが、やはり頭痛の原因となる睡眠環境を整えていくことが先決です。頭痛も薬だけで対応していると、後々大変な病気を引き起こす原因になりかねません。忙しい時こそ、体調管理もしっかりと行っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です