眠れないと心にも悪影響

睡眠不足の状態が続いている看護師の方は「普段であればイライラしないことでも腹が立ってしまう」ことが多いようです。仕事中イライラしてしまうと、集中力が途切れてしまい思ったように仕事が進まないので、出来るだけ避けたいものですよね。
睡眠不足というのは、体が辛いと感じるだけではなく、精神的にもとても負担が大きいもの。睡眠不足が続けば、当然イライラすることも増えてくるでしょう。看護師の場合には、患者さんと接することになりますから、患者さんに対してもイライラしてしまうこともあるかと思います。しかし、患者さんにとってはその睡眠不足は関係ありませんから、イライラしながら対応されてしまうのは辛いもの。ずっとその状況が続けば「この看護師が担当になると、嫌だなぁ」と倦厭されてしまい信用を失ってしまいます。看護師として、患者さんの心のサポートも大切ですのでどんな状況であっても、自分のイライラを出すことは避けるべきです。そのためには、やはり睡眠時間をしっかりと確保することが必要となってくるでしょう。「そんな時間が取れない」という方も、一度に長時間の睡眠を取ることを考えるのではなく、細目に仮眠を取ることを考えると良いでしょう。数分の仮眠でも、すっきりとさせる効果があります。
睡眠不足という状態は、誰でもイライラしやすいもの。しかし、このイライラした態度を仕事上で出すのは社会人としてはマナー違反です。ましてや、患者さんにこういった態度をするのは避ける必要があります。仕事が忙しく、睡眠が取れていない時には、上手に仮眠を取り入れて、リフレッシュする時間を作るようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です